読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RNG でドン

おそらくゲームがメインですが雑記やら言わばオタク的なもの全般について書きます

ガジェッツァン アリーナ テンポゲームは終わったのか? 

どうも。アリーナランキングが公開されて構築プレーヤーの方々の中にも、久々にアリーナをやろうかと考えている人々が一定数いるかと思います。

私自身はアリーナはあまりプレイしないのですが、知人にアリーナを永遠とやっている民が何名かいるためcoopアリーナ(共同アリーナ)的な事はよく行います。

そこで流行に乗ってアリーナについて何か書こうと思ったのですが、各カードの評価やピック方針などの話はもっと詳しい方々がいると思います。そのため現在のアリーナの雑感・アリーナのススメ(この記事)気にしている人が少ない気もするアリーナでのヒーロー間の相性のようなもの(次の記事)を書こうと思います。

 

さて、今のアリーナは昔に比べるとバリューゲームの傾向が強いと言われています。

以前のアリーナは「テンポこそ絶対!正義!最強!」という声が大きかったですが、今は徐々にバリュー重視の傾向にあります。(2ターン目にヒーローパワーを押してくるウォーロックをそこそこの頻度で見かけることができます。)

 

その主な理由としてカバール勢の豊富なaoeがあります。

例えば前環境で最強クラスと言われたローグが手札を使い切りながら盤面を作ったとしてもメイジの火山ポーション、地獄の炎によって簡単に焼かれていきます。そのため綺麗なテンポデッキであっても軽すぎると簡単にゲームセットです。そしてあなたも次はウォーロックかメイジになるでしょう。

冗談ではなくこれも理由の一つです。ウォーロックの強化によるアリーナでのウォーロックの増加もバリューゲーム化の原因の一つと言えるでしょう。

元々ウォーロックというヒーローはヒーローパワーが打点には繋がらないもののミニオン同士のトレードを続け、手札が尽きそうなときに余ったマナでヒロパをポチポチすることで無尽蔵なバリューを生み出すクラスでした。前環境ではボーナスの付いていたカードの弱さ、アリーナ2強たるメイジ・ローグが存在し、軽すぎればメイジのaoeで焼かれ、重ければローグのテンポについていけずヒロパを使う余裕もなくgame over といった板挟みにあっていました。(それでもaoeにはヒーローパワーでリソースが補給できる点から耐性があると言えますし、他のクラスより弱くはありませんでした)

ですが、ここにきて上位クラスのメイジ・ローグに下方修正が入ったこと、自身の新しいボーナスカードが強く、特に奈落の始末屋に関しては1枚でゲームを決める力があることから一気に最上位クラスに躍り出ました。

これらのaoeがありトレード能力に優れたウォーロック(及びメイジ)というヒーローに対応できなかったことを理由としてテンポデッキは廃れ、徐々にバリューを重視する戦略への転換が見られました。

 

こうした方向性を受けて多くのヒーローがバリューゲームへの転換を図りました。パラディンは手札バフによって一定のバリューを得、メイジはフレイムストライクで軽いデッキに対応しつつもカジェッツアンで追加された強力な発見カードや、重いカードを多めにピックするようになりました。プリーストも精神支配を当たり前のようにピックしています。ドローがない彼らはこうしたカードでしかウォーロックにバリュー勝ちを狙えないからです。他の多くのヒーローも同様だと思います。

 

しかし、性質上決してバリューゲームに参加できないヒーローたちがいます。それがローグ(とハンター)です。

では彼らは今の時代では生きていけないのか?

いえ、そうではありません。他のヒーロ達のデッキが重くなればなるほど、バリューゲームになればなるほど当然軽いデッキへの対応力は失われます。

パラディンでは手札バフをかけている間に、バフカードをハンドに抱えている間に盤面を制圧されバフした強大なミニオンをが役割を果たすことなく顔が爆発。

ウォーロックでは序盤に盤面を取られ、aoeで盤面をクリアするも再展開され、始末屋のターンにはヘルス4以上のミニオンを並べられ出すことができずに爆発etc

 

そう、一周回ってまたしてもテンポゲームは始まっています。

実際アリーナの8勝目~でもローグはそこそこの頻度で顔を出します。

勿論従来道理の戦略がそのまま通用するとは言えないかもしれません。

例えば対ウォーロックを意識して全体3点に耐性がないミニオンの数を、ピックの段階からある程度に抑える。序盤からトレードは最低限にして相手の顔を積極的に攻撃する。7ターン目までにヘルス3のミニオンは並べ切り、7コス以降は3マナ+4マナ 4マナ+4~のような動きを目指す。など(上記の戦略にも正直突っ込みどころはあるかもしれません。)

 

つまり言いたいのは、アリーナでもまだテンポゲームの生きる余地はあるということです。アリーナで発見から出てきた謎のご都合カード、わけのわからんレジェンドに振り回されることに疲れた皆さん、もしくは久々にやってうんざりしたあなた、今ここで再び古来よりのアリーナ、テンポゲームを再構築しようではありませんか。相手がどんなカードを見つけてこようが使う前にライフを削り切れば関係ありません。手札を何枚持っていても顔が爆発しては使えません。

 

変化する環境に対応するデッキを作る、という点ではアリーナも構築戦も似通っています。(その変化の内容を読み取ることはアリーナの方が難しいようにも感じます)

皆さんも構築では見ることのない古のカードに目を向け、新たなカードの可能性を感じ、1try,1tryの中での己の選択(ピックを含む)に一喜一憂しましょう。そして再びミニボットに出会い、兵役召集に怒り、ドクターブームの理不尽を味わった末、デスウィングを喰らって怒りの化身となりましょう。

 

アリーナはいつでも150gできみを待っています。